自然に還る樹木葬を知る

樹木葬を求めるにはワケがあった

自然に還る樹木葬を知る

求めるもの


最近の少子化や核家族化によって自分のお墓を次代に継いでもらおうとする人が減っているようです。
お墓の準備も生前からして、供養はお寺や施設の人に頼める永代供養にするなど。
そうすることで、お墓があることへのこだわりも変わってきたようです。
お墓に入ると基本的には遺骨が残っていきます。そして墓地に自分や家族が代々入ったお墓という個人のスペースが出来ます。

しかし注目を集めている永代供養のお墓では合同葬にして個人で墓地を所有しなかったり樹木葬のような自然葬では遺骨も土に還り残りません。
お墓は死んだ人のためのもの、というより生きている人が故人を思い出せる場所、故人を偲ぶためにある場所なのかもしれませんね。
しかし、お墓という形にすることでその形の維持に負担が生まれてきました。
そうした流れの中でお墓に求めるものが変わってきているようです。
より自由な埋葬方法として樹木葬に注目してみました。

樹木葬が始まったのは最近のこと。樹木葬が出来る墓地もまだ数少ないようです。しかし墓地が足りてない都市部ではより多くの人を受け入れられる墓地として注目があつまっています。
これから樹木葬はどんどん増えていくかもしれません。自然の循環に還ることが出来る樹木葬の魅力は他にもたくさんありますい。どんな期待がされているのでしょうか?

what's new

2013/02/26
誰と入るか?を更新
2013/02/26
宗派を気にしないを更新
2013/02/26
価格の面でもを更新
2013/02/26
木を増やすを更新
2013/02/26
自然に還る樹木葬を知るを更新
2013/02/26
ホームページリニューアル

Copyright(C)2012 自然に還る樹木葬を知る All Rights Reserved.